トップストーリー

トップストーリー:スーパーミディアムおよび大型ヘリコプター用の新しいエンジンファミリー「Aneto」

10月、サフランは非常にパワフルな新しいエンジンファミリー「Aneto」を発表しました。スーパーミディアムおよび大型ヘリコプター用にデザインされたこのエンジンには、サフラン・ヘリコプター・エンジンズのリサーチ&テクノロジー(R&T)により誕生した最先端テクノロジーが搭載されています。「Aneto」ファミリーには2,500shp~3,000shp以上のパワーをカバーする複数のモデルが存在します。

「HelitechでのAnetoファミリーのローンチは、サフラン・ヘリコプター・エンジンズにとって重要なステップの1つです。これは、数年前に立ち上げられた重要なテクノロジーの取得および成熟化プログラムの成果です。現在、私たちはスーパーミディアムおよび大型ヘリコプター市場に競争力の高い新世代エンジンソリューションを提案する局面にあります。これは、2018年第4四半期にサービスが提供される予定のものです」と、サフラン・ヘリコプター・エンジンズ社長ブルノ・エヴァンは述べています。

最初の2,500shpモデル「Aneto-1K」は、ツインエンジンAW189K向けにレオナルド社によって選択されました。Aneto-1Kを搭載したこのヘリコプターは2017年3月に初飛行し、2018年第4四半期にサービス開始される予定です。Aneto-1Kの認証は、このスケジュールに従っています。

「Aneto」ファミリーエンジンには様々なメリットがあります。例えば、優れたパワーウェイトレシオによりさらに25%のパワーを提供(同容量の既存エンジン比)。オフショア、探索、救援、火災または軍事輸送といったより多くのパワーを必要とする要件の高いミッション時などにより優れたミッション能力を提供し、「高温・高所」環境でより高い性能を提供します。

テック3,000のテクノロジーデモンストレーターは、「Aneto」ファミリーの重要な鍵です。これは、サフラン・ヘリコプター・エンジンズが現在の高出力エンジンモデルより最大15%高い燃費向上を実現することを可能にします。これらの新しいテクノロジーは、パワーのニーズやサービス提供開始日に応じて、段階的に「Aneto」モデルに搭載され、飛行距離を向上させ、環境への影響が抑制される予定です。

「Aneto」エンジンは、その高い信頼性と安全性が特徴。メンテナンスについてもタスクは少なく、間隔も長くなるなど最適化され、さらにヘルスモニタリング(メンテナンス予測)といった機能に接続されています。「Aneto」ファミリーはまた、当社のオンラインメンテナンス管理サービスであるBOOSTとも完全に互換性があります。

社説

サフラン・ヘリコプター・エンジンズが、プロフェッショナルパイロット誌のアンケートで1位に

プロフェッショナルパイロット誌の読者に対して行われた2017年「タービン・パワープラント・プロダクト・サポート・サーベイ」アンケードのヘリコプター部門で、サフラン・ヘリコプター・エンジンズが初めて1位に選ばれました。

これは、数年前に開始された変革プロセスの結果でしょう。2016年には2位を獲得しましたが、今年はヘリコプター部門で10点満点中7.91点を獲得し、プラット・アンド・ホイットニー・カナダ社やロールス・ロイス社を抑えました。

この結果は、「フィールド・レップ(またはテック・レップ)」分野における当社の力と問題に対する対応力を特によく表しています。

当社が世界各地に持つ60の「フィールド・レップ」は、当社が提供するサポートの主要な要素です。これらの取り組みと熱意が改めて評価されたことをうれしく、そして誇りに思います。お客様のビジネスをサポートすることは、サフランのDNAに組み込まれています。そのため、当社の「フィールド・レップ」はその積極性と専門能力の結集であり、お客様のコストと時間を節約することに貢献します。

当社は引き続き、お客様のご要望すべてに耳を傾けていく所存です。このアンケートはまた、「テック・マニュアル(技術ドキュメンテーション)」といった今後改善が必要となる点も明らかにしました。これは、6月のローンチで具体化されたIETPウェブサービスで、当社の技術マニュアルの最新版をオンラインで閲覧でき、分かりやすいナビゲーションと3Dグラフィックインターフェース、新しい機能を提供するものです。

IETPウェブサービスと共に、サフラン・ヘリコプター・エンジンズはまた、お客様がフォローできるデジタルサービスのフルシリーズを展開しています。これは、エンジンの機能に関する事象を分析・予測することを可能にします。クライアントポータルもまた整備され、最高のナビゲーションを体験できるお客様中心の新しいインターフェースが搭載されました。加えて、お客様がエンジンの状態をフォローすることで予定外の事象を抑制できる新しいヘルスモニタリングサービスが展開されています。その他のデジタルサービスは、今後数ヵ月内にローンチされる予定です。

プロフェッショナルパイロット誌で1位に選ばれたことは、サフラン・ヘリコプター・エンジンズの大きな成功と言えるでしょう。当社に信頼をお寄せいただくオペレーターのお客様全員に改めてお礼を申し上げたいと思います。これらの結果には、お客様にできる限り最高のサポートとサービスを提供したいという当社の取り組みが反映されています。これらの結果を受け、当社では引き続き努力を続け、お客様のニーズを常に満たせるようなサービスを提供したいと考えています。

改めて、当社に対するご信頼に感謝を申し上げます。今まで以上に#FocusedOnYouに取り組んでいきたいと思います。

Frédéric Bugeon
Safran Helicopter Engines VP Sales, Marketing and Customer Satisfaction

サポートニュース #1

デジタルに向かって

今まで「ツール」と呼ばれていたクライアントポータルに今年、新たなインターフェースデザインと、モバイル(iOS、Android)、タブレットまたはPCを使ってどこからいつでもアクセスできるデジタルサービスが加わり最適化されました。

ライブラリー&メディアページに掲載された動画(3分)で、それぞれの新しいウェブサービスについてご確認いただけます。

IETP形式の技術ドキュメンテーションは、6月からオンラインで利用でき、分かりやすいナビゲーションと3Dグラフィックインターフェース、新しい機能が搭載されています。

また、オンラインでリクエストと、パーソナライズされたフォロー表を作成することで、リアルタイムでお客様の機器の修理状況をフォローすることもできます。

サフラン・ヘリコプター・エンジンズのヘルスモニタリングサービスは、クライアントポータルからご利用いただける2つのサービスを提供しています。

  • 基本:お客様がエンジンヘルスコントロールデータを入力し、1年中いつでも傾向をビジュアル化します。

  • プレミアム:サフラン・ヘリコプター・エンジンズのエキスパートが、オペレーターの機器とミッションに応じて予防メンテナンスの推奨を行います(電子制御パネルで自動的にデータを収集)。

ポータルでサービス全体をご確認ください tools.safran-helicopter-engines.com!

ご存知ですか

たった2回クリックするだけで、クライアントポータルにアカウントを作成できます。

tools.safran-helicopter-engines.comの「メンバーになる」で利用条件に同意し、オンラインのEngineLifeサービス(インタラクティブ形式の技術ドキュメンテーション、機器の修理ステータス、ヘルスモニタリング・インタラクティブ・プラットフォーム、トレーニング提供など)にアクセスしてください。

アカウントをお持ちですか?ログインして、お使いのエンジンの寿命のそれぞれのステップで当社が提供するサービスをご確認ください。

サポートニュース #2

オペレーターシンポジウム:お客様との不可欠な出会い

2つのシンポジウムが開催されました。それらは、9月末、マレーシアのクアラルンプールで当社のアジア太平洋地域のお客様向けに開催されたシンポジウムと、10月10日~11日にシアトルで北米のお客様向けに開催されたシンポジウムです。お客様と当社のチームが非常に待ちわびたこれらのシンポジウムは、意見を交換し、製品およびサービスに関する当社の最新イノベーションを発表する不可欠な場です。

これらの2つのイベントには、250名を超えるオペレーターのお客様が参加しました。アジア太平洋地域では、参加するお客様の数は毎年増え続け、第4回となる今回のイベントでは、過去最高となる17ヵ国から170名のお客様が参加しました。

「Focused On You」をテーマにした今回のシンポジウムでは、5つの柱を通じて、当社が現在そして将来、質の高い製品とサービスを提供するために、日常的にどのように取り組んでいるかがお客様に紹介されました。また、複数のお客様がそれぞれの事業を照会し、サフラン・ヘリコプター・エンジンズが身近で提供する優れたサポートの体験談を共有しました。この「クライアントリレーション」は、当社の強みです。

何年も前から、サフラン・ヘリコプター・エンジンズはヨーロッパ、北米、ラテンアメリカ、アジア太平洋、日本という5つの大きなエリアでクライアントパネルと密に取り組んでいます。それらは「カスタマーカウンシル」と呼ばれています。年2回開催されるこれらの会合は、当社のオペレーターのお客様が直面する「イライラ」を捉え、識別し、解決するためのものです。シンポジウムでお客様は、自分たちと同じエリアの別のお客様に対し、これらの「カウンシル」の目的や取り組み方法、共に得た成果と成功を共有できます。

満足度調査では、地域で開催されるこれらのイベントに対する関心が非常に高く、当社の社長やダイレクター、当社のグローバル拠点の経営者たちと出会えるといったポジティブな点が複数ハイライトされました。また、製品やサービスのワークショップ開催時のサフラン・ヘリコプター・エンジンズのチームとのやり取りや、地域のその他のお客様と会い、体験を共有できるシーンなども高く評価されています。

2018年には、別のシンポジウムが2件、開催される予定です。それらは4月のヨーロッパ、アフリカ、中東ゾーン、そして年末のラテンアメリカゾーンでのシンポジウムです

40

今年、サフラン・ヘリコプター・エンジンズはブラジルに拠点を開設して40周年を迎えます。

20

今年締結した5Star契約数。

6,000

Twitterアカウント @SafranHCEngines のフォロワーが6,000名を超えました。

契約とマイルストーン

ブルー・ハワイアン・ヘリコプターズの飛行時間が50 000時間に

ブルー・ハワイアン・ヘリコプターズのArriel 2D搭載H130ヘリコプターの飛行時間が50 000時間に達しました。ハワイ州に拠点を置くブルー・ハワイアンは、集中的に飛行する H130を11機を保有しています。

これは、サフランにとって素晴らしい出来事で、50,000時間という飛行時間を達成したブルー・ハワイアンを祝福したいと思います。ブルー・ハワイアンは、ハワイの主要ヘリコプターオペレーターで、同州の主要4島を唯一結んでいます。

「Arriel」エンジンが誕生40周年に

サフラン・ヘリコプター・エンジンズは今年、「Arriel」エンジンファミリーの誕生40周年を迎えています。AS365 Dauphin用Arriel 1A、AS350 Ecureuil用Arriel 1Bは1977年に認可を取得しました。

最も人気のあるヘリコプターエンジンに数えられる「Arriel」は、サフランのベストセラーの1つです。1977年以降、12,000以上が製造され、累積で5,000万時間の飛行が達成されています。これらのエンジンは毎日、ヘリコプターの性能を結集させたミッション全体で使用されています。「Arriel」はその信頼性と丈夫さから、過酷な条件で緊急医療輸送や救援、監視ミッション、準公共ミッションを行うオペレーターから高く評価されています。

625~1,000shpをカバーする「Arriel」は、現在40種類以上のヘリコプターに搭載されています。

誕生以降、「Arriel」には最も現代的なテクノロジーを使用し、常に改良が加えられています。2017年6月、韓国航空宇宙産業のLAHヘリコプター向けの「Arriel 2L2」が初めてテストされました。これは、離陸時のパワー1,024shpを誇る「Arriel」で最もパワフルなモデルで、2020年末に認可の取得が見込まれます。

ヘルスモニタリングサービスの最初のお客様としてBabcock MCS Onshore社を獲得

10月にローンチされた新しいサービス「ヘルスモニタリング」は、弱信号を検知することで、予測分析を行い、オペレーターのメンテナンスプランを調整することができるサービスです。

Arrius 2B2を搭載したH135を保有するBabcock MCS社は、このサービスを利用する最初のオペレーターです。Babcock MCS Onshore社のエンジニアリングダイレクター、ショーン・ストレイン氏は次のように述べています。「当社は、1年以上前からこの新しいサービスを活用しています。サフラン社に送信されるパーソナライズされたレポートにより、私たちはメンテナンスプログラムを調節することができます。これにより時間を節約し、コストを削減することができます」

当社に信頼を寄せ、Arrius 2B2エンジンの使用を最適化するBabcock MCS Onshore社にお礼を申し上げます。

今後のイベント

2月10日~12日

シンガポール・エアショー

シンガポール

2月26日~3月1日

HAI Heli-Expo

米国、ラスベガス

4月3日~8日

Feria Internacional del Aire y del Espacio (FIDAE) 2018

チリ、サンティアゴ

4月25日~26日

ヨーロッパ&中東オペレーターズシンポジウム

イタリア、ローマ